小豆島など全国のそうめん産地の関係者らが集まり、そうめんの魅力発信や製麺技術の向上などについて話し合う「全国そうめんサミット2023in小豆島」(同実行委主催、大会長・大江小豆島町長)が6月3、4の両日、香川県小豆島町西村の小豆島オリーブ公園を主会場に開かれる。同実行委は「そうめんを楽しく味わえるイベントを企画している。気軽に足を運んで」と呼びかけている。



 大会は、産地ごとに異なる製法や味わいなどを製造業者だけでなく参加者と一緒に追求し、そうめんの魅力創出につなげるのが目的。2016年に兵庫県たつの市、18年に奈良県桜井市で開催し、20年に土庄、小豆島両町で開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で先送りになっていた。
 会場は小豆島オリーブ公園と、小豆島ふるさと村・ふるさと荘交流センター(小豆島町池田)の2カ所。初日は同センターで全国10県の16事業者が出品した「そうめんメニュー」を食のプロが審査する鑑評会を実施し、金賞などを決定する。審査後は、参加者が出品メニューを食べ比べできる「誰でもそうめん鑑評会」を行う。午後からは会場を同公園のサン・オリーブホールに移し、全国の製造業者らによる公開討論会を中心とした「そうめんサミット本会」を開く。
 2日目は同公園のイベント広場やオリーブ記念館で、流しそうめんなどのイベントやそうめんをテーマにした落語会、ラジオの公開録音などを行う。
 イベントは参加無料。問い合わせは「第3回全国そうめんサミット2023in小豆島」実行委〈050-3123-4754〉(平日午前9時30分~午後6時30分)。


第3回全国そうめんサミット2023in小豆島



関連情報